おじやと雑炊とお粥の話

おじやと雑炊とお粥って、どう違うのだろう。昨日の朝ふと思って、それからずーっと気になっていたので、ちょっと調べてみた。

広辞苑(第六版)による定義は、こうだ。

― おじや

  (「じゃ」は煮える音)雑炊(ぞうすい)。

― ぞうすい雑炊】

  大根・ねぎなどの具を刻みこみ、味付けをして炊いた粥(かゆ)。おじや。こながき。

― かゆ【粥】

水を多くして米を柔らかに炊いたもの。固粥と汁粥の総称。特に、汁粥。かい。

んー・・・。

猫 考え中。

うずら考え中。 猫の部屋

つまり、おじやは雑炊で、雑炊はおじやであり粥でもあるわけだ。ではおじやと粥はどのような関係にあるのだろうか。

そして、『こながき』ってどんなものなのだろう。

それと、固粥と汁粥ってなんですか?

おじやの「じゃ」は煮える音?

え。そうなの?

ああ、大混乱。なんとかきれいにまとめる方法はないものか。 私のイメージとしては、『おじやと雑炊はすでに炊き上がったごはんを使って作るもので、お粥は生のお米から作るもの』なのだけど、こういう括り方では乱暴すぎるだろうか・・・。

続く。

雑炊はこんなイメージかな。

やわらか牛すじ入り 雑炊

やわらか牛すじ入り 雑炊 作ってみました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)